電磁波男現る

2019.02.04.Mon.05:51


いよいよ厳寒鯛ラバの時期になりました。

朝からひたすら巻き続けてアタリが2回とか、変鯛心がくすぐられる季節です。

土曜日の情報から朝マズメを外すと絶対にまずいと思ったため、薄暗いうちにポイントに到着するよう港を早めに出て巻き始めます。



IMG_6014.jpg




水深は35m、水温は9.1度。

一流し目、魚探を見ていると3回鯛が鯛ラバをチェイスし、3回目でヒットしました。



IMG_6018 (1)
53cm



この時期特有の成長真鯛で、最初はチャリのような弱々しい引きなんですが、途中から危険を感じるのか大暴れして楽しませてくれました。

この感じだと楽勝かと思いきやその後はぱったりとチェイスもなくなり、潮止まりの9時まででチェイスは5回、うちアタリ2回と激シブで終了しました。


ここからは懸案の魚探のノイズ調査です。

実は先日、某巨大掲示板で魚探のノイズについて相談したところ、全国の名無しさんから色々なアドバイスをもらいました。

・ノイズキャンセラーつけてみたら
・まずは原因の切り分けが必要だよ
・エンジン壊れてるんじゃないの
・ラジオを持っていくとノイズの発生源がわかるよ
・魚探の位置を変えてノイズの映り具合の変化を確認してみろ

電車男ならぬ電磁波男の誕生です(笑)

他にも色々ありましたが、まずはラジオ調査と魚探の位置チェックです。







テストの結果、配線から強烈にノイズが発生していました。

ノイズが映った状態で魚探を船の前方に移動すると、画面からノイズが消えます。

海上で同じ船外機のレオンさんにラジオを渡して船外機付近に当ててもらうと同じノイズが出ていたので、僕の船外機固有の問題ではなく、スズキ船外機の特性のようです。

とりあえず原因が特定できたので、今後はノイズシールドの研究ですね。

調査結果に満足し帰宅していると、くるまやさんから連絡があり大きなヒラメをいただきました。



IMG_6026.jpg




鯛にヒラメ、豪華な絵面です。

くるまやさん、ありがとうございました。

電磁波のシールドはやっぱりアルミ系のテープなのかなあ・・・。

スポンサーサイト



コメント

管理者にだけ表示を許可する