ヒラカワハギオープン

2016.04.21.Thu.18:37

徳島のシノさんにお誘いいただき阿南沖でヒラカワハギ対決してきました。

前からイカとカワハギで勝負するイカワハギオープンの企画はあったんですが、イカは阿南付近ではまだ少し早いし、今日は帰りに大学時代の友人が鳴門にオープンするカフェに寄らなければならずじっっくりイカを狙う時間がありません。

なので今回はヒラとカワハギで対決するヒラカワハギオープン開催の運びとなりました。



IMG_8546.jpg


薄暗いうちからスタートしまずはヒラスズキを狙います。

2500番イカのスピニングリールしか持っていない僕ですが、ず~っと昔ごぉごぉさんに譲ってもらい、ちょい投げでキスしか釣ったことない可哀想なカルディア4000番があるのを思い出し、これになんとか命を吹き込みたいと今回持参しました。

お二人の話では風波はあるけどウネリがなくサラシがないとのことで厳しそうな感じでしたが、適当に磯際にルアーを放り込んで巻いてくるとゴゴン!とルアーがひったくられました。



じぃ~~~~~~~~~~~~~~~~~~!!



悠久の永い眠りから目覚めたカルディアがダイワ特有の下品なドラグ音を鳴らし大喜びしています。

シノさんにランディングしてもらい初ヒラスズキゲット!



IMG_8572.jpg

IMG_85921.jpg




70センチジャストでした♪


サラシがなく魚が出ないと言うことで、ヒラは早々に終了し次はカワハギ対決です。


それぞれのタックルはイカのとおりです。

まず、シノさんはダイワのカワハギロッド最高峰の極鋭カワハギにシマノのカワハギリール最高峰のステファーノ。

カワハギを狙うのにこれ以上ない組み合わせのタックルです。

僕はロッドこそダイワのメタリアカワハギですが、訳あってカワハギ専用リールのスマックレッドチューンを手放したので、ライトジギング仕様で少し重いクラドタイプJ。

ロッドをテクニカルに操作する必要のあるカワハギ勝負では重いリールが少しハンデです。

ねめさんはクソロッドとの誉れ高いティップライドにスピニングリールと完全なティップラン仕様。

感度が必要なカワハギ勝負でそれはないですよ、ねめさん( ̄▽ ̄)

「ティップランタックルに負けたら末代までの恥です」

そう宣言してカワハギ部門の開始です。


予想に反し激シブスタートでしたが、僕がなんとか1枚目をゲット、その後は忘れた頃にアタリがでる状況でしたが、ねめさんと僕が数枚追加したところで異様な雄叫びが聞こえてきました。

「うひゃひゃひゃ~シノ状態や」

※シノ状態とはひとり負けの状態を表す言葉でこんな感じの状態です



久しぶりに雄叫び聞きました(笑)

シノさん、まだ3-3-1ですから大丈夫ですよ( ̄▽ ̄)

それにしてもティップランタックルで器用にカワハギを釣るねめさんはさすがでした。

この日は激シブでかなり食い込ませないとフッキングしない状況だったので、穂先の柔らかいティップライドが良かったのかもしれません。

途中リードされて焦りましたが、カワハギ部門の最終結果は6-6-3で同点一位。

ヒラ部門の成績を足し、7-6-3でまたしても僕の優勝となったのでした。

シノさん、ねめさん、気持よく勝たせて頂きありがとうございました(笑)


大会を終え鳴門のカフェに到着、10年ぶりに会う友人は病気のせいで少し痩せていましたが、相変わらずのおとぼけぶりで楽しく話が出来ました。

鳴門教育大の真ん前に出来るカフェで5/9オープンですので近くをお通りの際は寄ってやってください。

色々話をしながらふとテーブルの上に目をやると、新しいお店の名前が目に留まりました。


IMG_8595.jpg
ログカフェレオン



ログカフェ”レオン”って・・・

レオンさんとどんだけ縁があるのやら(笑)
スポンサーサイト
コメント
久しぶりにヒラ食べたかったなぁ~

管理者にだけ表示を許可する