涙目寸前

2014.10.05.Sun.07:51
今週は台風の影響で爆風になり釣りは無理だろうと思っていましたが、船の係留もしっかり対策しないといけないのでダメもとで港に行ってみることにしました。

パートナーはマリーナの陸上保管で台風も無問題のモトさんです。

港に着くと予想に反して西の風でベタ凪ぎです。

まずはもうそろそろスタートするはずの太刀魚を狙って魚探を掛けながらチェックしますが無反応。

他所ではもう始まったとこもあるようなんですが、この付近はまだのようです。

「こりゃダメですね。朝の時合いが終わる前にイカやりましょう」

元シャクリ中毒の二人はサッと太刀魚を見切りイカを狙います。


しばらく流しているとドスッ!

「来ました」

モトさんに乗りました。

10月第1週にしては上出来の500g。

「グッドサイズ!いい型ですね」


そして再びモトさんにドスッ!

「来ました」

「おっと、連発ですね」


そして三たびモトさんにドスッ!

「来ました」

「おお、調子いいですね~」


そして次もモトさんにドスッ!

「来ました」

「エ、エギはなんですか?」

「ダイワのラトルです」

(俺もダイワのラトルなんだけど・・・・)


そして更にモトさんにドスッ!

「来ました」

「え、え、えぎの色はなんですか」

「ピンクの夜光です」

(そんなの持ってないよ・・・・)


ここまで5-0、かなりマズイです。

( ゚д゚)ハッ!

(ここまで船の向きを気にせずポイントに入れてたけど、ティップランは流す時ストラクチャーに近い側が有利なはず)

モトさんに気付かれないよう自分がシモリ側を流れるよう船を入れていきます。

(ΦωΦ)フフフ…



IMG_4455.jpg



姑息な手段を駆使してなんとか涙目回避だっ!!

どうもピンクが当たりカラーらしいと言うことに気付いた頃、台風の影響で風が強くなり終了となりました。

(あぶないところだった。今日のゲームがシャックリーグもんごうで良かったぜ・・・)


家に戻り、ニューエギングロッドでのワインドが持ち重りしてすごくキツかったのを思い出し昨年まで使っていた白竿とバランスを比べてみました。



IMG_4464.jpg


ニューロッドはリールフットから支点まで9cm、白竿は6.5cmです。

わずか2.5cmなのに全然違うんですね。

ボート用のワインドロッド買おうかなあ~(笑)
スポンサーサイト
コメント
ケツに板オモリで十分でしょう(^皿^)

僕も次の休みはティップラン頑張ります
グリップ外してバランサー入れようとしましたが、昔グリップカットした時、エポキシでガッチリ固めたので全く外れる気配がありませんでした。

板オモリ買ってきます(笑)
それって・・・
完璧にシノ状態やないですか( ̄ー ̄)
実はこの後4杯釣ってなんとか格好だけはつけることができました。

シノ状態だけは勘弁して下さい( ̄ー ̄)

管理者にだけ表示を許可する