紅牙MX C63MHS TG AP インプレッション

2020.04.05.Sun.08:11

検索しても全然ブログがgoogleにヒットしないので、タイトルをインプレにしてみました(笑)

さて、レバーブレーキ鯛ラバを極めるために購入しローギア化した13エクスセンスですが、まったくもって気に入らない所が一箇所だけありました。



IMG_0230.jpg




それがこの金色のベールです。



IMG_0304.jpg




どう見ても黒いセルシオにゴールドエンブレムを付けてるDQNヤンキーにしか見えません。

なんでこんな色にしたんだよシマノ・・・

前回ローギア化した時に色々研究した結果、レバーブレーキのリールは磯用ルアー用と種類はあれど同じパーツを流用していることが判りました。

(多分他のレバブのベールが付くはず)

ただ、13エクスセンスはつやつやブラックで、11エクスセンスとかのガンメタ系とも少し色目が違います。

ネットを徘徊したり、仕舞ってあった古いカタログを見ると、どうも磯用13ハイパーフォースのベールがつやつやブラックでベールはシルバーと理想通りのカラーのようです。

早速paypayがくれたポイントを使ってポイント釣具で取り寄せて(ややこしい(笑))交換してみました。



IMG_0232.jpg




狙い通りカラーもぴったりで上品な感じに仕上がりました\(^o^)/


さて、リールが落ち着いたら次はロッドです。

スピニング鯛ラバにはずっとダイワの一つテンヤ用ロッド、キャタリナBJ 710MSを使っています。

このロッドは軽いテンヤ用の柔らかいロッドだけあって、ものすごく食い込みが良く、更にメタルトップで感度も抜群とお気に入りのロッドなんですが、7フィート10インチという長さと重さでバーチカルのスピニング鯛ラバに使うと、持ち重りがひどく腕が筋肉痛になるのが唯一の欠点でした。

キャタリナBJは2011年発売のロッドなので、さすがに9年も経てばテンヤ用ロッドも進化して軽くなってるんじゃないのかなと今度はロッドの研究を始めると・・・。



2.jpg




ダイワから3月に新しいスピニング鯛ラバ用のロッドが出ると言う情報をキャッチしました。

ダイワの中井さんはロケ以外では、100%レバーブレーキ鯛ラバをやっておられるそうです。

上の写真では19セルテートのLT3000をセットされていますが、youtubeの動画ではやはりレバーブレーキ(トーナメントISO)をセットして使われています。







レバーブレーキ鯛ラバ先駆者のお墨付き!



IMG_0243.jpg




ヤフーショッピングのポイント還元で、なんと半額以下で買えました。

コロナで大変なのに大丈夫なんだろうかソフトバンクグループ(笑)

MH表記なので硬いのではと心配していましたが、自宅でラインを通して試してみたところ、ほぼフルソリッドだけあってどこまでも曲がっていき良さそうです。



IMG_0297.jpg




土曜日に実釣に投入、激シブのなか50ジャストの鯛を掛けましたが、ティップが海面に突き刺さるほど激曲がりで非常に良くできたロッドでした。

60gのシンカーを付けてフルキャストもしましたが、バットに張りがあるのでキャストも無問題、レングスが6フィート3インチと短いのでさすがに距離は出ませんでしたが、縦の釣りにも横の釣りにも使えそうです。

TGベイトを使ったスーパーライトジギングにも使えるかな?と鯛ラバを付けたまま軽くシャクってみましたが、柔らかいのにロッド自体の復元力があるのか良い感じでジグを動かしてくれそうな感じでした。

この50センチの鯛ですが、大きなマコが入っていました。

水温も12度を超えてきたのでいよいよノッコミの始まりです!

スポンサーサイト