ムールガイがあらわれた!

2020.03.15.Sun.06:20


IMG_0102.jpg




14ヶ月養殖していたので、立派なムール貝が収穫できると思っていたら夏場に海上で掃除したのであまりたくさん獲れませんでした。

育っていたのはホヤの親戚みたいな謎の海洋生物ばかりです。



IMG_0111.jpg




今回も壇ノ浦マリーナさんで船底塗装とエンジンのメンテナンスを終え無事港に戻ることができました。

壇ノ浦さん、色々ありがとうございました。


さて、前回メダパニをもろに喰らい混乱して色々買ってし魔った僕ですが、ダイワの最高級レバーブレーキリール「トーナメントISO」を買える以上に散財し、ついに世界に一つだけのレバブを完成することができました。

13エクスセンスのローギア化には4つのギアの交換が必要になります。

ダイワはギアを出さないのでこんな改造はできないんですが、シマノはギアがかんたんに買えるんですね。

メンテ屋さんに取り寄せたギアと本体を送って無事改造が完了しローギアエクスセンスが戻ってきました。



IMG_0089.jpg




重いシンカーを巻くために110mmダブルハンドルを探しましたが、リブレのハンドルしかヒットしません。

リブレの金属ノブ見た目が苦手なんですよね・・・。



IMG_0087.jpg




仕方ないのでエクスセンスのノブをもう一つ取り寄せて・・・

このEVAノブ、ハクション大魔王のツボみたいな形してますが、意外にも握り心地がいいです。



IMG_0108.jpg




完成しました!

なんでこんなに改造してるかというと、ハイギアに45g以下の軽いシンカーを付けると巻きの重さが抵抗になってシンカーがゆっくりしか落ちていかないんですよね。



IMG_0106.jpg




タイラバを魚探に映すと普通は後ろの線みたいにほぼ正三角形に軌跡が残るんですが、フォールが遅いと黄色い線のように二等辺三角形になってしまいます。

特に頂点からの切り返しに巻きの重さの影響が大きく、ハンドルを逆方向に少し弾いてやってやっと落ちていく感じでした。

渋いときは少しでもシンカーを小さくしたい(30g)のでこれでは困ります。

船上ではテストができなかったんですが、船を係留したあと港でテストし、改造前のハイギアと比べてみました。

前半が改造前のハイギア、後半がローギア化したスピニングレバーブレーキキャスティング&バーチカルサイトフィッシングタイラバ(謎)仕様の13エクスセンスLBです。







動画のとおりストップからの切り返しがすごく早くなって大満足。

逆回転が早すぎてバックラッシュが心配です(笑)
スポンサーサイト



メダパニ

2020.03.01.Sun.06:51

スピニング鯛ラバに使えそうなので、レバーブレーキのリールに興味を持って色々調べています。

お店でレバーブレーキのリールを回させてもらうと、リーリングを止めた時の遊び?昔のリールみたいに少し止めた所からカチャカチャバックします。

(何万もする今時のリールがこれ?)

と、げんなりしたんですが、どうやらレバーブレーキのリールにはワンウェイクラッチ(ダイワ:インフィニストッパー シマノ:ローラークラッチ)が付いていないのでピタッと止まらないのが普通なんだそうです。

先日購入した11エクスセンスLBも同じでカチャカチャでした。

ただ、ルアーを操作してトゥイッチを入れるような釣りだと気になるようですが、鯛ラバだとずっと巻いているので実釣では全く気になりません。

(要するにレバブ鯛ラバにワンウェイクラッチは不要な機能ってことなんだよね)

そんな風に割り切って11エクスセンスについてメンテ屋さんと相談しつつ、メンテ屋さんのサイトを覗くと13エクスセンスLBの美品を出品しておられることに気付きました。

(13エクスセンスLBか・・・どんなリールなんだろう?)

「2013年秋に、1シーズンのみ発売になった幻のリール『13 EXSENCE LB C3000HGM』」



c5b3f6be_20200301060436db5.jpg




まぼろし~



出ました。僕のオタク心を激しくくすぐるキーワード(笑)

レバーブレーキ特有の遊びを無くすため、ワンウェイクラッチを搭載した画期的なレバーブレーキの機種ですが、どうもそのワンウェイクラッチに不具合があり、1年でカタログ落ちした「幻」のリールなんだそうです。

興味を持った僕は、早速「出品されている13エクスセンスの程度はどんなもんですか?」と問い合わせました。

「出品物以外に未使用品の在庫もありますよ。程度は未使用なので最高です」


メンテやさんは メダパニ をとなえた!

なかがーの あたまが こんらんした


IMG_9956.jpg



リールが 2だいになった

なかがーは こんらんしている


IMG_9966.jpg



バランサーつきハンドルをこうにゅうした

なかがーのこうげき

ハンドルノブは すばやくみをかわした!

シングルハンドルでは ノブをにぎれない

なかがーはますますこんらんした


IMG_0026.jpg



ダブルハンドルがとどいた

なかがーは まだ こんらんしている


IMG_9942.jpg



ダイワなかいさんのこうげき

ハイギアではおもりがおちない


IMG_0049.jpg



ローギアをとりよせた

なかがーは ふかみにはまってしまった・・・

つづく

変鯛道邁進

2020.02.16.Sun.02:52

大変ご無沙汰しております。

みなさん、元気に変鯛してますか?

色々事情があり数ヶ月釣りを休んでいましたが、なんとか復活できそうなので再び変鯛道を邁進したいと思います。



IMG_9631_202002160207061d5.jpg




正月休みにモトさんに乗せてもらい、半年ぶりに鯛ラバをやってきました。

あまりに久しぶりだったので巻きもぎこちなく、(これじゃあ釣れないかな・・・)と思っていたら、鯛の方からどんどん寄って来て、結果8枚と大漁でした。

(鯛に)モテるオトコはつらいです( ̄▽ ̄)



IMG_9641.jpg




まだ恐る恐るですが自分の船も出してみました。



IMG_9713.jpg




エンジン動きました(笑)

船も身体も大丈夫なことが確認できたらフツフツと物欲が湧いてきます。

前から気になっていたレバーブレーキ鯛ラバにデビューです。

とりあえずのデビューに高額はつぎこめないので、まずは宇宙軍のしまっさんがショアラバで使い好成績を連発しているシマノの11エクスセンスLBをヤフーオークションで吟味して購入しました。



i-img929x611-1579151262hc5cxg638618_20200216022430032.jpg




「遊漁船にて7回ほど使用しました。昨年ベアリングをステンレス製のシールドベアリングに交換してから未使用です。(6ベアリング全て交換済)OH済。サブとしてあまり使わないのももったいないので、大事に使ってくださる方にお譲りしたいと思います。」


紹介も評価も問題なし、安心してぽちっ!



IMG_9846_20200216020702b06.jpg



ごっりごりの巻き心地のリールが届きました(笑)

(さ、魚に巻き心地がわかるはずないやん)



IMG_9873_202002160227098be.jpg




謎のメルカリダブルハンドルを装着し、気を取り直してテスト釣行です。

さすがに真冬の瀬戸内水温10度でスピニング鯛ラバは無謀かと思いましたが、レバーブレーキでフォールさせ、巻き上げることでごく普通にバーチカルのスピニング鯛ラバができます。



IMG_9868.jpg




ほどなくしてレバブ鯛ラバ初の1枚をゲット!

途中レバーの使い方に戸惑い、思い切りあわせて豪快にハンドルを逆回転させたりしていましたが、徐々にレバーにも慣れてなんとか6枚釣ることができました。


IMG_9881_2020021602070386c.jpg




レバブ鯛ラバ面白いのでスピニングでの釣りが好きな方はお勧めです。

さて、問題のゴリールですが、あまりにゴリゴリなのでフリーのメンテ屋さんにオーバーホールを依頼しました。



1_20200216020705579.jpg


3_20200216020705a67.jpg


「大変です!このリールは水没リールです」

写真とともに素敵な連絡がきました(笑)

(変鯛おじさん、大変ですか・・・)

ショックのあまりしょうもないダジャレを思いついてしまいました・・・。


「『中古で買って』遊漁船にて7回ほど使用しました。『水没したので』昨年ベアリングをステンレス製のシールドベアリングに交換してから未使用です。(6ベアリング全て交換済)OH済。


多分カッコの中を書き忘れたんでしょう。

ベアリング全交換と3個追加のフルベアリング化と完全オーバーホール&シム調整をお願いしたので、あと数日で戻ってきそうです。

とまあ色々大変な時期を乗り越えつつある変鯛おじさんですが、みなさんこれからもよろしくお願いします。

宇宙戦鯛ゴレンジャー

2019.06.15.Sat.07:39

水温の上昇とともに色々な魚が釣れるようになり、マイボートの釣りを満喫しています。



IMG_6974 (1)




まずはリーダーのアカレンジャー(真鯛)、僕のボートではメインターゲットです。



IMG_7440.jpg




続いてモモレンジャー(コブダイ)、猛牛のような引きで楽しませてくれますが、姿が見えた時のガッカリ感は半端ないです(笑)



IMG_7445.jpg

IMG_7637_20190615065426aa9.jpg

IMG_7707_20190615065417461.jpg

IMG_7665.jpg




そして所属する宇宙軍からたくさんの挑戦者が訪れたアオレンジャー(青物)、とんでもない引きで僕のタックルを破壊し、大量の出費を強いる恐ろしいターゲットです。

ロッドにリールにラインにルアーにと大魔王が毎日訪れ、もう僕の財布は瀕死の状態になってます(笑)



三人の鯛員はすぐに揃いましたが、問題はミドレンジャーとキレンジャーです。

(緑の魚って何がいたっけ?)

そんな事を考えながらアオレンジャーに挑戦しに来たぽちさんと釣りをしていると、隣で船を流していたレオンさんが声を掛けてきました。

レ:「亀が泳いでますよ」

な:「ウミガメ?」

レ:「いや、ミドリガメです」

な:「ミドリガメ?そんなアホな・・・ここは海ですよレオンさん」

そろそろと近づいていくとぽちさんが噂の亀を発見し、さっとタモですくいました。



IMG_7502.jpg

IMG_7507.jpg




ミドレンジャーゲットです(笑)

この日亀をいじめたぽちさんにアオレンジャーは訪れず、亀を逃してあげた僕に乙姫様が翌日から連日アオレンジャーをプレゼントしてくれました。

まさに亀の恩返しです。


宇宙戦鯛も四人揃いましたが、まだキレンジャーがいません。

(キレンジャーか・・・黄色い魚って熱帯魚くらいしかいないんとちゃうんかな・・・あとはキビレくらい?)

キレンジャーの事を思案しているとアオレンジャーに挑戦しに来たもんたくんの事を思い出しました。

(もんたくん、ナブラのまったく出ない海でせっかくアオレンジャー掛けたのに時間つぶしの鯛ラバのタックルに掛かってしまってラインブレイクしたんだよなあ)

(ものすごい勢いで走られて「ラインがなくなるぅ!」でスプール押さえたところで「切れましたぁ(涙)」って)

・・・あっ、もんたくんが切れンジャーだった(笑)



※後日船長がトップでキレンジャー(シマフグ)やっつけました。



IMG_7842.jpg


アンダースペック

2019.05.27.Mon.14:24

訳あって毎日釣りに行ってます( ̄▽ ̄)



IMG_7259 (1)




おだやかな海に浮かんで朝焼けを見ているとずっとこの幸せが続いて欲しいと心の底から思います。

まあ現実逃避しているだけなんですが(笑)

瀬戸内海の鯛ラバもいよいよ極めつつあり、鯛しかつれないこの海でなんとかモチベーションを保つためにと、ベイトリールでの乗せと掛け、スピニングリールでの乗せと掛け、魚探サイトフィッシング、鯛ジギングとあれこれ手を出しまくって時々自分がなんの釣りやってるかわからなくなってます。



IMG_7270.jpg




これは鯛ラバに鯛がチェイスしてきたのを確認し、スピードを落としつつ最後はデッドスローから止めて、それでも食わないので早巻きで逃げるベイトを演出して釣ったシーンです。

こんなことばかりやってるので最近は鯛の気持ちがわかるようになってきました(笑)

この日もサイト鯛ラバをやっていると、海上で時々ごあいさつする方からハマチが回っていると教えていただきました。

なんでもシーバスロッドでもちょっと厳しいくらいのサイズだとか。

(手持ちのロッドで対抗できそうなのあったかな・・・)



IMG_7308.jpg




ここで一平じっちゃんの言葉を思い出しました。

やっぱりエギングロッドでチャレンジしよう(どうせ釣れないし)

8ftのMLクラスのエギングロッドにPE1号リーダー3号を巻いた紅牙2508Rというライトタックルを持参していざ挑戦です。

朝の時合は釣り方がわからず鯛をやっていましたが、ちょうど休みで出てきていたレオンさんにルアーの動かし方を教えてもらいナブラの中に投げ込むとヒット!

走る走る、さすが青物です、

最初はそのうち弱ってくるだろうと甘く見ていましたが全く浮いてきません。







この動画の時点ですでに20分近く経過していますが全く浮く気配がありません。

師匠から厳しい言葉を投げつけられながら結局50分掛かってやっと取り込むことができました。



IMG_7276.jpg




昨秋シャクリエルボーで傷めてやっと良くなりつつあった右肘をまたやってしまいましたが、ホームでこれが釣れたことがとにかく嬉しいです。

レオンさんはこの後もまだまだ釣っていたようですが、僕は腕も腰もボロボロでここで退却、毎日折れない竿と切れない糸と強いリールをネットで勉強しまくっています(笑)