スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

進化したボートエギング

2016.06.05.Sun.07:08

久しぶりにヒロシエさんと釣りにくことになりました。

釣行前にエギング・タイラバ・キスのどれがいいですか?と尋ねたところ「キス!」と即答、確か二人はエギングにハマって知り合ったはず・・・(笑)



IMG_9121.jpg




スーパー美しいイカポイントの朝日を見ながらキス釣りスタート。

二人とも投げキッス経験者なので、開始早々まずまずのペースで釣りあげます。



IMG_9124.jpg




20センチ前後も多く、良型は24センチ程度でした。

今回は普通の仕掛けで釣りましたが、なんでも胴付仕掛けでキスを釣ると激震でめちゃ楽しいとか。

今度仕掛け探してやってみたいと思います。





ヒロシエさんは昼から用事があるということで、早々にキスは切り上げ僕も帰る予定でしたが、モトさんが一人で来てキスをやっていたので一緒にシャクることを提案しました。

なんせ、ここまで僕も相当シャクってますが、あまりにも渋い状況に心折れまくりで、もう春イカやめようかなと(笑)

二人なら確率も倍になるし、試してみたい武器もあったからです。



IMG_9145.jpg




準備しているとSRSのタケちゃんからおかっぱりで1,685gゲットと連絡がありました。

(おかっぱりから釣れるのにボートエギングは・・・)

おかっぱりの方から見るとボートエギングって凄く釣れるイメージがあると思いますが、実はかなり難しいです。

風や潮でボートが流れるので底取りもままならないし、ポイントは目視出来ないので魚探だよりとなります。

だからバスみたいにわかりやすい岸撃ちになるんですよね。

そこで今回は僕のガーミンを持込みピンポイントで底のシモリを攻めることにしました。

更に最近モトさんが装備したミンコタのi-pilotで船をピタッとその場に停止させます。

※i-pilotはGPSで自分の位置情報を掴みその場に留まったり、好きなコースを自動で流せる進化したエレキです



IMG_9127.jpg



実際に試してみるとこの組み合わせは最強でした。

ちょうど東の風が強くなってきたんですが、i-pilotが船をピタッとその場に停めてくれます。

これまで魚探を見て想像していたポイントもガーミンの海底地形図で丸わかりです。

あとはイカを釣るだけだ!

しかしシャクれどもシャクれどもアタリはありません。

「イカ絶滅したんですかね」
「シリヤケでももんごうでもいいから釣れて欲しいです」

そんな事を話しながらシャクっていると死んだシリヤケが目の前に浮いてました・・・。



IMG_91301.jpg



誰かがイカだけに効く毒薬を撒いたに違いありません(涙)






ポッキー寸前二人が最後に選択したのは午前中にキスを釣っていたポイントです。

「キスにイカが付いてるかも」

やけくそで投げるといきなり根掛かり・・・がぐいんぐいんと!

し、しりやけ!!

と叫んで巻いてくるとなんと幻のアオリイカでした。



IMG_91331.jpg



775gでしたが、超うれしい一杯♪


超爆風になりi-pilotはまだ船を停めていましたが、餌木がコントロールできなくなって終了としました。

i-pilot欲しいけど海上係留では無理だよなあ~。
スポンサーサイト

出家します

2016.06.01.Wed.09:31
季節外れの太刀魚情報があり、ちょっと調べたところ、ポセイドンさんが明日太刀魚募集!とブログに書いてたので飛びついてしまいました。

太刀魚ジギングはまだ10回未満ですが、昨年秋の感じだと遊漁船でもそれなりの成績は出せるのかなと、あまり心配せず乗り込みました。

出船場所に着くと同船の方からご挨拶していただき、少しお話しするとぽちさんのお知り合いの方という事がわかりました(Tさんとします)





左舷側に並んでスタート!

朝のうちはかなり渋かったんですが、だんだん時合いになってきたのか釣れ始めました。

Tさんがバンバン釣って、ポセイドンの船長も竿を曲げまくりです。





入れ食いですよ~なかがーさん


船長の言葉が胸に突き刺さります(汗)


これはイカんと2段しかない引き出しを駆使ししゃくりまくります。

1段目は、今日の太刀魚はフォールにしか反応しないという時に駆使するスライドフォール、2段目は釣りビジョンで吉岡プロがやっていたロッドエンドを肘に付けたワンピッチとフォールです。


見るたびに曲がっているTさんのお姿を拝見しながら…


囧rz


結果は船中ぶっちぎりのビリでした(涙)

港に戻りTさんに今日のパターンを伺うと上げからちょっとだけフォールさせるパターンだったそうです。

引き出し3段目マスターですorz

動かないけど飽きません

2016.05.02.Mon.07:11

オケツが痛くてもう耐えられません(涙)

4年間使い続けたファイティングチェアのクッションですが、主人の体重に耐え切れずいよいよぺっちゃんこです。




IMG_7580_2016050206362521b.jpg



オケツが真っ赤です・・・。

はやくニュークッション買わないと。



先週試してかなり調子良かった鯛ポテチですが、さらにバージョンアップしてカーリーを作ってみました。




IMG_8676.jpg




実戦投入するとこれまたあっさり釣れました。




IMG_8698.jpg




ただ、市販のカーリーから型を取ると素材が硬いので針と絡みやすくなります。

この辺は試行錯誤して最適な形を考える必要がありそうです。



この週末はまったく潮が動かずかなり苦戦しました。




IMG_8718.jpg




それでも土曜日は二人で鯛数枚、日曜日は二人で鯛、マゴチお持ち帰りとまずまずの釣果といったところでしょうか。




IMG_8709.jpg



かながーさんのマゴチは70センチ近くあり、まるでオオサンショウウオのようでした(笑)



潮が動かず喰いの悪い二日間でしたが、船長は密かに楽しんでいます。

実はお客さんには内緒でまだ測量できていないエリアを選んで船を流してました( ̄▽ ̄)



IMG_8720.jpg




鯛ラバポイントの塗り絵はほぼ完了、画像では広く見えませんが、半島と半島を結ぶ距離が3キロ以上ある広大なエリアです。

ここまで判明すると、当日の風や潮の向きでピンポイントに船を入れられるのでものすごく楽です。

魚探の画面も先日から地図2画面設定を試していますが、これが実に使いやすいです。




180416_0700_00.jpg




地図の広域と詳細、魚探2周波で使っていますが、これだと広域地図を見ただけで流れている方向がわかります。

ヘディングセンサー買おうかなと思っていましたが、これならなくても大丈夫そうですね♪

マダイがっすっき~

2016.04.25.Mon.08:40

シマノの佐々木さんが立ち上げた有名釣りクラブ「オーパ」に以前所属していたぽちさんに鯛ラバやらせろと脅迫されました。

何回も書いていますが、ぽちさんには昔徳島のメバリングでひどい目にあわされ、未だトラウマになっています。

ぽちさんとねめさんに挟まれて・・・

「なんぼでも釣れますよ~」

「あっ、また釣れた」

椿泊の波止の上で真夜中におかっこ座りしたあの屈辱は一生忘れません。



なので今回は釣れなかった時の言い訳として、興味のあったポテチ袋で鯛ラバを作成し、ポテチ縛りで釣行することにしました。

チョイスしたのはカルビーがエイプリルフールのネタとして披露した後、本当に発売してしまった「コンソメワロスパンチ」です。




IMG_8597.jpg

IMG_8598.jpg





早速作成に取り掛かり、3分で完成(笑)



IMG_8642.jpg




これならボロ負けしてもポテチ袋だからと言い訳できます( ̄▽ ̄)


5時に集合しスタートフィッシング、いきなり僕のコンソメワロスラバー(すでにラバーでもないけど)が咥えられました。




IMG_8612.jpg




プのところがアクセントになっていい感じです。



IMG_8615.jpg




いきなり67cmでした。

続いてジャガイモの写真の所に変えてみます。


(オレンジに見えないこともないなあ)


とか考えながら巻いていると



IMG_8626.jpg
60cmジャスト




その後も57とか54とかサイズが揃います。



IMG_8622.jpg
釣れる釣れる




ぽちさんにぼろ負けどころか数も型も勝てました( ̄▽ ̄)

鯛ポテチにはベイトフィッシュを狙っている大型が揃う傾向にあるように思います。



翌日はもんたくんと鯛ポテチです。

前日より少し渋いスタートとなりましたが、「永野で釣るまで変えん!」と力強く宣言して巻いていたらあっさり釣れました。



IMG_8633.jpg




マダイがっすっき~



IMG_8637.jpg
61cm




もんたくん、海上でビーフジャーキー食べて空き袋で鯛ラバ作ってました(笑)



IMG_8631.jpg



次はチャートカラーが魅力のサッポロポテト試してみます。

ヒラカワハギオープン

2016.04.21.Thu.18:37

徳島のシノさんにお誘いいただき阿南沖でヒラカワハギ対決してきました。

前からイカとカワハギで勝負するイカワハギオープンの企画はあったんですが、イカは阿南付近ではまだ少し早いし、今日は帰りに大学時代の友人が鳴門にオープンするカフェに寄らなければならずじっっくりイカを狙う時間がありません。

なので今回はヒラとカワハギで対決するヒラカワハギオープン開催の運びとなりました。



IMG_8546.jpg


薄暗いうちからスタートしまずはヒラスズキを狙います。

2500番イカのスピニングリールしか持っていない僕ですが、ず~っと昔ごぉごぉさんに譲ってもらい、ちょい投げでキスしか釣ったことない可哀想なカルディア4000番があるのを思い出し、これになんとか命を吹き込みたいと今回持参しました。

お二人の話では風波はあるけどウネリがなくサラシがないとのことで厳しそうな感じでしたが、適当に磯際にルアーを放り込んで巻いてくるとゴゴン!とルアーがひったくられました。



じぃ~~~~~~~~~~~~~~~~~~!!



悠久の永い眠りから目覚めたカルディアがダイワ特有の下品なドラグ音を鳴らし大喜びしています。

シノさんにランディングしてもらい初ヒラスズキゲット!



IMG_8572.jpg

IMG_85921.jpg




70センチジャストでした♪


サラシがなく魚が出ないと言うことで、ヒラは早々に終了し次はカワハギ対決です。


それぞれのタックルはイカのとおりです。

まず、シノさんはダイワのカワハギロッド最高峰の極鋭カワハギにシマノのカワハギリール最高峰のステファーノ。

カワハギを狙うのにこれ以上ない組み合わせのタックルです。

僕はロッドこそダイワのメタリアカワハギですが、訳あってカワハギ専用リールのスマックレッドチューンを手放したので、ライトジギング仕様で少し重いクラドタイプJ。

ロッドをテクニカルに操作する必要のあるカワハギ勝負では重いリールが少しハンデです。

ねめさんはクソロッドとの誉れ高いティップライドにスピニングリールと完全なティップラン仕様。

感度が必要なカワハギ勝負でそれはないですよ、ねめさん( ̄▽ ̄)

「ティップランタックルに負けたら末代までの恥です」

そう宣言してカワハギ部門の開始です。


予想に反し激シブスタートでしたが、僕がなんとか1枚目をゲット、その後は忘れた頃にアタリがでる状況でしたが、ねめさんと僕が数枚追加したところで異様な雄叫びが聞こえてきました。

「うひゃひゃひゃ~シノ状態や」

※シノ状態とはひとり負けの状態を表す言葉でこんな感じの状態です



久しぶりに雄叫び聞きました(笑)

シノさん、まだ3-3-1ですから大丈夫ですよ( ̄▽ ̄)

それにしてもティップランタックルで器用にカワハギを釣るねめさんはさすがでした。

この日は激シブでかなり食い込ませないとフッキングしない状況だったので、穂先の柔らかいティップライドが良かったのかもしれません。

途中リードされて焦りましたが、カワハギ部門の最終結果は6-6-3で同点一位。

ヒラ部門の成績を足し、7-6-3でまたしても僕の優勝となったのでした。

シノさん、ねめさん、気持よく勝たせて頂きありがとうございました(笑)


大会を終え鳴門のカフェに到着、10年ぶりに会う友人は病気のせいで少し痩せていましたが、相変わらずのおとぼけぶりで楽しく話が出来ました。

鳴門教育大の真ん前に出来るカフェで5/9オープンですので近くをお通りの際は寄ってやってください。

色々話をしながらふとテーブルの上に目をやると、新しいお店の名前が目に留まりました。


IMG_8595.jpg
ログカフェレオン



ログカフェ”レオン”って・・・

レオンさんとどんだけ縁があるのやら(笑)
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。