究極の低水温

2018.02.19.Mon.05:22

買いラバしようと釣具屋♪

で・か・け・た・ら♪

ロッドを 買ってた 魔王な なかがーさん♪

(サザエさんエンディング)


IMG_2698.jpg



岡山にシマノ製品が安い店があると、じゅんさんに聞いていたんですが、たまたま近くに行ったのでタイラバでも買うかと寄ったのが間違いでした。

ダイワも4割引きだったのでつい・・・・(笑)

購入後、風で出られない日が続きましたが、やっと凪いでくれたので出港してきました。


hiketajpg.jpg


海の中は究極の低水温で、船を持って初めての6度台です。

こんな水温でも追い掛けてくる反応やアタリはかなりありました。


IMG_2806.jpg


慣れないロッドで弾きまくりでしたが、なんとか小さい鯛を2枚とチヌをゲット。

超低水温での掛けラバ、難しすぎてめちゃおもしろいです。
スポンサーサイト

冬のかけは・・・

2018.01.29.Mon.12:41
土曜日はお休みでしたが、爆風予報のため出港を見合わせました。

今週で喪があける毒くんは「僕は出ます」と張り切ってましたが・・・

夜中の2時頃毒くんからLINEが届きました。

(きっと張り切りすぎで目が覚めたんだな)

喪中、散々、プレッシャーを掛けられたのでLINEで攻撃します。

「もう三枚くらい釣れましたか?」

色々メッセージを送りますが既読になりません。



(携帯を見るのも忘れるくらい釣りに集中してるんだろうな)

タイラバを作ったりして暇を潰していると、7時過ぎに毒くんからLINEが届きました。

「二度寝して今起きました・・・」

ハゲワロスヽ(≧∀≦)ノ

「釣れなかった時の言い訳づくりに必死ですね」

攻撃しまくりましたが、朝マズメ外し、潮は流れない、爆風の三重苦の中、きっちり二桁釣果を出すところは流石です。



IMG_2682.jpg




日曜はぽちさんと出ましたが、風は収まったものの潮が流れず予想通りの大苦戦です。

アタリのない時間が延々と続き心が完全に折れ掛けた時、一匹の鯛が底から急角度でタイラバにアタックしてきましたが、先日からテストしている掛けラバ用に硬いロッドを使っていたのでパーンと弾いてそれっきりでした。

やはり極端にアタリの少ない冬のタイラバで掛けに挑戦するのは無謀なようです。

今年の瀬戸内海は例年に比べ水温が低めなので、冬のタイラバは厳しいかもしれませんね。

かけにはまりそう

2018.01.22.Mon.12:54
日曜日は話題のカケ学園の大学が開校する今治市が地元のもんたくんと、かながーさんの三人で出掛けましたがゲキシブでした。

かながーさんが早々に50オーバーを釣りましたが祭りも何も無く2-1-1で終了、今回のシャックリーグ真鯛が数勝負だったのでなんとか勝てましたが危ないところでした。

今回の釣行では話題の掛けラバにチャレンジするべく、メタルトップで棒みたいなカワハギロッドを試してみましたが、さすがにカワハギロッドはダメですね。
大きいの掛けたら多分折れます(笑)



帰りはお約束のかけうどん



ダイワの掛けラバロッド買うか悩み中です。

実験台

2018.01.16.Tue.06:19

冬の激シブタイラバ、ボーズまではありませんが今年は少し調子悪いです。

なのでスカートの色、ネクタイの改造、針の選定、タックルの見直し等いろいろな対策を考え海に浮かんできました。

自分だけが釣れても実験としては答えを導き出せないため、可哀想な実験台として冬のタイラバ初体験のモンタくんに同船してもらいました。


IMG_2592.jpg



7時、スタートフィッシングです。

今日はあえて硬いロッドに4本針で挑んでみました。

タイラバを咥えたまま反転せずついてくる鯛を強引にフッキングに持ち込む作戦です。

ほどなくして反転しないアタリが来ました。

ビシュッ!

ノリック!!


IMG_2593.jpg



4本針の一つが下アゴに外からフッキング、どうやら実験は成功のようです。

この後も同様に一枚追加したところで朝まずめの時合が終了し、アタリのないきびしい時間になりました。

巻いても巻いても反応がありません。

時間は11時、あまりに反応がないので心の中が段々毒素に満たされ・・・・


な:アタリ一回でもあった?

モ:一回もありません

な:時合にタイラバの交換ばっかりしてるからやわ

モ:・・・

な:3年目の俺がこれだけ苦労してるんだから、冬のタイラバはそんな甘くないよ

モ:・・・


なかがーさんが毒くんに変身しました(笑)

毒くんに変身してモンタくんをイジっているとモトさん艇が近づいてきました。


な:モトさん、可哀想なゲストにお土産分けてください

な:ゲストが釣らないから帰れないんですよ


モトさんに鯛をもらってモンタくんのお土産を確保し、船長は二枚釣ったしそろそろやめようかと思い始めた頃、モンタくんに今日初めての鯛がヒット!



IMG_2606.jpg
55cm



な:ま、まあまあのサイズやん、良かったな・・・(まだ数では勝ってるからな)

そして更に悪夢、いやモンタくんに鯛が・・・


IMG_2608.jpg
51cm



モ:普通の巻きに普通のタイラバで釣れましたよ♪


これでやめられなくなり粘りまくりましたが、結局その後僕のロッドが曲がることはありませんでした。


IMG_2614.jpg
本日の釣果



港に帰りながら実家の母に「今日は配れるような鯛はないよ」と電話していると、モンタくんが「一つ持って帰ってください」「モトさんのもいいですよ」

二枚恵んでくれましたorz


IMG_2619.jpg



夜の鯛づくし、ちょっぴり塩辛かったです(涙)

エア抜き

2018.01.08.Mon.07:11

「ついてきてじゃれつくけど中々フッキングしない」

冬のタイラバでこれを解決すれば釣果倍増間違いなしです。

色々考えて今回試したのはこれです。


IMG_2561.jpg



紅牙の4本針、これは反則のような気がしていたので使いたくなかったんですが、とにかく針に掛けないと話しにならないので冬限定で試してみようと導入してみました。


IMG_2566.jpg



これ以上ない穏やかな海況の中、かながーさんと二人でスタートフィッシング。


この前からずっと調子がいいシャローよりのポイントに行こうと思っていたんですが、この付近では最深となる深場が気になりチェックします。


IMG_2565.jpg
線上に映っているのは僕のタイラバ



ここが好きな毒くんに大鯛を釣って見せびらかしたかったんですがこれが間違いでした。

流しても流しても魚探に魚の反応が出ません。

それでも底のモゾモゾが魚なんではないかと執念深く流しますが、なんの反応もないので諦めてシャローよりのポイントへ移動します。

移動した先は盛大に鯛が映っていてほどなく二人とも一枚ずつヒット。

かながーさんが鯛のエアーを抜くのに悪戦苦闘しているのを見ていると僕に違和感が・・・。


「ぷぅ~」


僕のエアーが抜けました( ̄▽ ̄)


同時に出港し先にここを流していた港の知り合いの方はここで60cm頭に4連発したそうですが、朝まずめの時合もすぐに終了し万事休す。

その後も粘り強く頑張りますが、この日は近くのマリーナからセレブな豪華プレジャーボートがポイントに大集結。

ただでさえ渋いのに、巨大な船影、ディーゼルのエンジン音、鯛サビキのシンカーが雨あられと鯛が底に張り付いてまったく反応してくれませんでした。

終始魚探でタイラバを確認していましたが、鯛が追いかけてきたのは2回、かすかなアタリが2回程度と冬タイラバの厳しさを思い知らされました。

4本針ですが、唯一釣れた鯛は一番長い針が下アゴに外から掛かっており、チェイス無しでいきなりガツンとフッキングしたので効果があったような気もしますが、サンプル数が少なすぎるのでもう少し使ってみます。