ボート遍歴

2020.05.30.Sat.10:28

今週は釣りを休んだので、これまでのボート遍歴を整理してみようと懐かしい写真を見てみました。


初めて買った釣り用のボートは日本が誇るゴムメーカー「岡本理研ゴム」のゴムボート「少子化号」です。

とにかく穴が空きません(笑)



2005-11-03 10_11№(001)_Original




元々はバス用に買ったボートですが、イカにハマって海で使うようになりました。

上の写真は今出ているのと同じフィールドで、日付を見ると2005年11月になっています。

当時は手漕ぎゴムボートで沖に行くのは怖くて、写真に写っていない手前の島周辺でエギングをやっていました。

ティップランのような深場を狙う釣りもまだ広まっておらず、シャローのキャスティングでイカを狙っていたのを覚えています。



2006-04-01№(004)




ゴムボートの良いところは機動力です。

じゅ~んさんと徳島と高知の県境に遠征したときは、じゅ~んさんにだけ1500gのイカが釣れてとても羨ましかったです。

この時初めて黒い心が芽生えました(笑)

この後、遠浅の海岸の潮が大きく引いて300mボートを担いて歩く羽目になったのも良い思い出です。



2006-05-14№(001)


1 (2)




船の開放感を味わうともう後戻りはできません。

2006年には2馬力ゴムボートにデビュー、徳島県南のイカポイントをゴムボで縦横無尽に走り回り、まずまずの好釣果に恵まれました。

上は由岐町、下は日和佐町から出港した写真です。

エンジンが付いたことで飛躍的に行動範囲が広がりましたが、とにかく準備と片付けが大変で、次第に出港回数も減っていき、腰を痛めのをきっかけに禿釣具に引き取ってもらいました。




2馬力ゴムボートを手放して1年ほど経った頃、とある船長さんが船を買い換えるので今乗っている船を処分すると言う話を聞きつけます。



2005-11-23 09_11№(002)




僕のブログにもしょっちゅう登場するこの船長、レオンさんです。

処分するなら売って欲しいとお願いし、格安で了解してもらったんですが、船の置き場所がありません。

どうするか頭を悩ませながら日々過ごしていると、ある日仕事で立ち寄っった役所の窓口にパンフレットが置いてあるのが目に止まりました。

プレジャーボート係留についてのパンフレットです。

パンフレットには1ヶ月500円/mと書いてあります。

(レオンさんの船は5mくらいだから500円×5mで月2,500円?)

(そんな嘘みたいなお金でボートを置けるはずないと思うけど・・・)

半信半疑で窓口の担当の方に尋ねると計算は間違ってないそうです。

な:「係留するにはどなたの許可を貰えばいいんですか?」

役:「隣の人に聞いてください」

な:「出来たばかりで僕が置きたい側には隣だれもいないんですけど」



2011-04-05№(004)





役:「じゃあ置いてもいいですよ。管理している市の担当窓口に書類を提出してください」

あっさり、係留場所が決まりました。



2011-04-30№(004)




譲り受けたイカ釣り船は第八モン号と名付けられました(笑)

2馬力とは段違いの性能で、行ける範囲もさらに広がりましたが、僕のモン号にはハンドルがありません。

旧オーナーのレオンさんはハンドル付きの50馬力に買い替え、颯爽と走り華麗に釣っています。



2011-04-29№(002)




うらやましくなり一ヶ月で買い替えました(笑)



DSC00095.jpg




第八十八モン号の誕生です。



DSC00102_202005300919384f5.jpg

IMG_5410.jpg

5d072692a9b5bc83b8dcf296be990dba.jpg



スズキの40馬力(現在は載せ替えて60馬力)のモン号は、波さえ穏やかなら小豆島も楽勝です。

17ftと小さく取り回しも良いので瀬戸内のこの辺で釣りをメインに楽しむ船としては最適だと思います。

燃費は半日釣りして10リッター、イカを求めて四国中を走り回っていた頃に比べてもお財布に優しいです。

ボート持ってると言うと驚かれますが、実はそんなにお金は掛かりません。

購入費を除くと維持費は係留費入れても年6~7万、燃費は上に書いたとおりなので一回出港して1,500円程です。

ほんの少しの思い切りはいりますが、海上の爽快感は最高です。



いつか船を降りる日が来ると思うけど、それまで頼むよモン号!

スポンサーサイト



ミックス鯛ラバ

2020.05.25.Mon.06:34

僕の会社では昼食にお弁当を頼めるんですが、どうやら「ミックス」と言う白身魚のフライとコロッケが入った裏メニューがあるようです。

(白身魚とコロッケか、まあ一回試してみようか)

早速、ミックスを食べながら週末の釣行を考えます。

(次はどんな変な鯛ラバやろうかなあ)

(ん、ミックス?)

これだ!

毎回このパターン(笑)

もう筆を折ってユーチューバーになろうかな

という訳で今回はミックス鯛ラバ(スピニング早掛けレバーブレーキダイレクト鯛ラバ)にチャレンジです。



早朝、仕事の関係で大阪行きの決まったもんたくんと出港です。

ダイレクトにやり取りするため、ドラグを思い切り締めてフルロックして巻き始めると・・・







ヒット後、ハンドル離すの忘れて捻挫しそうになりましたが、あっさりミックス鯛ラバクリアです。

混乱してやり取りしていたのであまり覚えてないんですが、横で確か「ダブルヒット!」と聞こえたような( ̄▽ ̄)



その後は青物を探しながらウロウロしたんですが、いつものようにもんたくんに一向に鯛が釣れません。

「鯛の気持ちがわからないです・・・」

ぼやいてます(笑)



風が出てきて万事休すとなり港まで戻ったところで、もんたくんから「最後に防波堤のシーバスやらしてください」とリクエストがありました。

いくら黒い心の持ち主の僕でも、さすがに異動でしばらく釣りのできないもんたくんをボーズで帰すわけにはいきません。

防波堤沿いにピタッと船を留め、操船に徹しているとすぐにチーバスを釣り上げました。

「鯛の気持ちはわからないけど、シーバスの気持ちはわかります」

もんたくん、うれしそうです。

「昨日買ったダイソーのメタルバイブ投げてみてよ」



IMG_1107.jpg




シーバスの気持ちがわかる人に価格破壊メタルバイブのテストを依頼します。








確かにシーバスは上手いです(笑)

ダイソーメタルバイブは、残念ながら今のところ14gまでしかありませんが、シャローなら充分使えそうです。

でもこれが100円でダイソー鯛ラバが300円っていうのは納得できないなあ・・・・。

あっ!次のチャレンジはダイソー鯛ラバがありました(笑)

ダイレクト昭和鯛ラバ

2020.05.19.Tue.05:59

自粛も少しずつ解除になってきてるとは言え、まだまだ毎日コロナコロナとコロナ関連の話題がニュースのほとんどを占めています。

(コロナもいい加減にして欲しいなあ・・・)

(ん?コロナ・・・コロ・・・なんか引っかかるぞ)



IMG_0988_20200519061714b25.jpg




そう、ダイワのコロネットです(最近このパターンが多い)

コロネットを使ったドラグのないダイレクト鯛ラバ、もう何年もチャレンジしていなかったんですが、久しぶりにやってみようと思い立ちました。



IMG_0985.jpg




どのコロネットで行こうかなと検討した結果、オール金属のメタルボディ、シマノがその美しさゆえ真似をしてオシアコンクエストを金にしてしまったと言う都市伝説のある金コロ(CORONET100)でチャレンジすることにしました。



IMG_0986.jpg




いつもは鯛ラバロッドを使いますが、今日は大昔のRYOBIツイントップアドベンチャーを組み合わせた昭和タックルで挑みます。


ポイントに到着し、巻き始めること数分、ガガガッとアタりますが竿が弾いて掛かりません。

やはりキス竿ではシンカーの重さで竿が曲がり切っているため、鯛に違和感を与えて乗りきらないようです。

それでもしばらくやってると運悪く針に噛み付いてしまった真鯛ちゃんが釣れてくれました。







フッキングしてから逆転アラームをオンにしているのでめちゃくちゃうるさいです(笑)

この日はほとんどダイレクト鯛ラバで通したんですが、普通なら乗るアタリを弾きまくりで最終5枚&ワニゴチ1尾でした。

やはり鯛ラバのロッドは大事ですね。

さあ、次はどんな鯛ラバで遊ぼうかなあ。

かけ大お願いします

2020.05.11.Mon.14:54

GWの終了とともに香川県のうどん屋さんの自粛もやっと終了しました。

やっと大好きな「かけ」が食べられます。

釣行前日、近所のうどん屋さんが満員で入れなかったため、明日の昼ごはんはどこのうどん屋さんに行こうかなと思案していると思い出しました!

(そういやまだ掛けラバやってないよ)

うどんにだって「かけ」もあれば「ざる」「釜揚げ」「ぶっかけ」と色々メニューが有るように、タイラバにも「普通の鯛ラバ」「スピニング鯛ラバ」「レバーブレーキ鯛ラバ」「ダイレクト鯛ラバ」など様々な種類の鯛ラバがあります。

ここ最近はレバーブレーキに夢中になっていたため、高活性のノッコミ時期に有効な早掛け鯛ラバの事をすっかり忘れ、ロッドも仕舞い込んだままになっていたんですが、かけ繋がりで掛けラバを思い出したので日曜は早掛け鯛ラバにチャレンジすることにしました。

もんたくんと4時半集合で朝まずめを狙い出港です。

南東の風に翻弄されながらなんとか波を避けられるポイントまでたどり着くと、すぐに反応がありました。







ちょっと動画をかっこよく編集してみました( ̄▽ ̄)

釣りは魚の口に針が入らないとダメだというお話もよく聞きますが、エギング出身の僕はまったく気にしません。

イカの口にカンナが入ったことがないからです(笑)

早掛け鯛ラバだとシンカーの下付近に噛み付くので下顎に外側から掛かることが多いんですよね。



IMG_0845.jpg




これはさすがに外の下の方に掛かりすぎですが(汗)

逆に言えば、掛けラバで口に針が入っているのは、鯛の口に針が立って反転してからアワせているだけで、早掛け鯛ラバとはちょっと違うと思います。

僕はダイワの掛けロッドも持っているのでそちらでも掛ラバをやりますが、動画で紹介したような早掛けではなく、鯛が針をくわえ反転した後のワンテンポ待ったアワセの釣りになります。

また、別の大手メーカーさんが以前テレビで掛けラバを紹介していましたが、ダイワ流掛けどころか鯛が反転し完全にロッドが絞り込まれてから大アワセを入れ、「乗せ掛け」なる謎の言葉で説明していたのはいくらなんでも無理があると思いました(笑)

さて、僕は早掛けとレバブ鯛ラバで順調に数を釣ったんですが、最後の課題はレバーブレーキ鯛ラバでGW中にもんたくんに立派な鯛を釣らせることです。

僕が改造した13エクスセンスを気に入ってくれたもんたくんですから、(ここはなんとかGW最終日に決めてほしい)と珍しくホワイトな心で応援していると、もんたくんの釣具のポイントオリジナルスーパーライトジギングロッドが大きく曲がりました。

「また、そんな謎の竿買っちゃたんだ」

と、言いながら触らせてもらうとコレがすごく(・∀・)イイ!!

軽いしよく曲がるしエクスセンスと相性抜群でレバーブレーキ鯛ラバにぴったりでした。

到着して数時間で壊した僕のモアザンLBDも無償で直してくれたポイント釣具ですから、ここは心にもないことを言って褒めまくりです(いやホントにいいです)



IMG_0901.jpg




粘りのあるグリスでATD風に改造した13イグジストのドラグが良い仕事をして無事ランディング、もんたくんGW最後の鯛はロクマル(61センチ)でした。

GWのミッションオールコンプリートです(レオンさんにも勝ったし)

そうそう、以前はヒットしてから撮影していたんですが、最近は常に撮影しながら釣りをするようにしています。

ヒットの瞬間が動画で残せるってとてもいいですよ。

高価なアクションカメラを買わなくても、スマホと100均の広角レンズを使えば簡単に撮影できます。

目指せ登録者10万人!

負けずぎらいな男たち

2020.05.07.Thu.12:53

神様ダイワ様にお許しをいただいたと思ったら、今度は総理大臣から10万円をいただけるらしいです。

テレビではコメンテーターが口々に「支給が遅すぎる」といつものように政府を批判しています。

(バカだなあ。もらえるの決まったんだから先に使ったらいいじゃん)

と言うことで神様へのお布施として、一説には高すぎて年に10台くらいしか売れないと言われている17モアザンLBDを経済を回すために購入してし魔いました。



IMG_0759.jpg




いやいや、黒いボディーにゴールドのパーツがあしらわれて超カッコいいです。



IMG_0760.jpg




「DAIWA」と書いているだけでブラックにゴールドでもこの上品さ。

どこぞのメーカーのDQNセルシオ仕様と大違いですね( ̄▽ ̄)


さて、GWも後半に差し掛かり、腰の具合もなんとか持ちそうなので、もう一度だけ船を出すことにしました。

実は今回のGWでボートフィッフィングの師匠、レオンさんに2つの課題を出されていたんです。

一つは「つ抜け」すること

もう一つは「ナナマル」を達成すること

「数釣りは興味ないのでつ抜けはやる気ないです」と答えると、「数釣った事のない人が数釣りに興味ないって言ってもただの負け惜しみにしか聞こえませんよ」と返され・・・
(`皿´)ムッキー!! ヤッテヤロウジャナイカ

ちょっと本気を出し、つ抜けは2日の土曜日に12枚釣ってクリア、翌3日日曜日は出られる海況でしたが身体の事を考えてお休みとし、早起きしてタックルのメンテやブログの更新をしているとレオンさんからLINEが入りました。

「追いかけてもこないし同船者もアタリ1回だけ」

なので優しく返事しておきました。

「昨日あんなに釣れたのにそんなはずないでしょう」

さらに電話して「最低でもつ抜けですよ」と伝えました。

しばらく静かだったんですが、お昼を大幅に回った14時過ぎに「13枚でした」と電話がありました。

僕が12枚だったので絶対13枚釣ると思ったんですよね(笑)

さらに夕方電話が掛かってきたので「僕は10時までで12枚釣ってるけど、いくら悔しいからと言っていったい何時まで釣ってたんですか?」

どうやらお昼の1時過ぎまでやっていたらしいです。

「えらい時給の悪い釣りですなあ」

いつも負けてるので今回はチクッと刺しておきました( ̄▽ ̄)



残された課題はあと一つ、「ナナマル」です。

(でも大鯛ってなかなか狙って釣れるもんじゃないからなあ)

(それに今日はモアザンのデビュー戦でタックルにも不慣れだし)

(でも大型が釣れる確率が高い赤いネクタイに、大型が反応しやすいキラキラ天ぷらシートだけは仕込んでおこう)

そもそもこれだけ鯛ラバやってナナマルなんて数えるほどしか釣っていないのに、ちょうどGWの最終出撃で釣れるはずがありません。

弱気モード全開でスタートです。



IMG_0647.jpg




早々にモアザンで2枚釣りましたが、この日は潮が弱くかなり苦戦しそうな雰囲気です。

仕方ないのでこれまでの変鯛経験をフルに活かしあちこち移動しながら巻いていると・・・。










奇跡のナナマル達成です(笑)

しかも自己ベストの78cmでした。

神様ダイワ様、僕を勝たせてくれてありがとうございます。

もう一生シ魔ノに浮気いたしません。

早速、天狗も驚くほど鼻を伸ばしながらレオンさんに報告です。

「ナナマル釣りましたよ」

「何センチですか?」

「ななじゅうはち、レオンさんがこの前釣ったナナマルは何センチ?」

「73です」

「ナナマルって75以上のことを言うんじゃなかったっけ」

口撃しまくりです(笑)

まあ、たまには勝たせてもらってもいいですよね、レオンさん( ̄▽ ̄)

そうそう、レバーブレーキ鯛ラバやってみたい方はご連絡ください。

リールの選定が非常に難しく、僕みたいに迷走すると大変な出費になります。

スピニングの鯛ラバはおもしろいですよ~